法定利率とは | 今すぐ50万円借りたい時のBest3!

法定利率と利息の関係

キャッシングやクレジットなどでは、通常よりも高い金利で融資を行うことは法律で禁止されています。 そのため、法律によってある程度の金利の上限が定められており、その金額の範囲内での融資を行うことが決められているのです。
契約などで特に利率を決めていない場合に適応されますが、これを法定利率といいます。 民法と商法、2つの利率が存在しており、民法では年間5パーセント、商法では年間6パーセントの利率を定めています。
これは個人間の融資や、企業から個人への有志でも特に利率を決めていないときに有効となっているものです。 もちろんこのほかにも、利息制限法と出資法の2つに沿った形で、融資の提供が行われることが一般的です。
借りる金額によって利息は発生しており、最大でも20パーセントとなっていますので、融資を受けるときには確認しておくことが大切となっています。 つまり、普段キャッシングなどで使用されている利息は、出資法や利息制限法に添った形で定められたものであり、そのほかの遅延損害金などは商法や民法に沿った形での利率となるので、少々複雑となります。
個人間でも利息のつく融資をした場合には、そのときに双方合意の上での利息を定めておかない場合に、民法や商法によって定められている利息が決定されるのです。 融資の際には利息や遅延損害金などを定めた結果に基づく支払いを実行することで、結果として少ない利息での返済が実行されることになります。

どちらの条件で選ぶ!?「50万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

50万円借りる:融資スピード 50万円借りる:低金利

50万即日融資 50万低金利

ページトップへ戻る