約定利率とは | 今すぐ50万円借りたい時のBest3!

約定利率ってどんな利息?

約定利率とは、金銭の賃借における当事者同士(債権者と債務者)が取り決めた金利です。
例えば、30万円の借り入れに対して債権者が15%の金利を提案してきたとします。
債務者が、その金利に納得できるのなら融資契約、納得できないのなら融資契約はしません。
なので、双方に選択する権利は存在します。
ちなみに金利は通常、1年間の割合で捻出するため、金利を年間の数字に直した数字を利率としています。
そして、この利率から元金と借入日数に応じた利息を割り出すという仕組みです。
約定利率は当事者間で自由に取り決めていいということにはなっていますが、金利制限がないわけではありません。
これは利息制限法にて定められており、元本が10万円未満なら年20%、10万円以上100万円未満なら年18%、100万円以上なら年15%までが利率上限となっています。
仮に利息制限法を越える貸付が行われたら上限利率の超過分については無効、さらに年20%を越えた貸付を行ったら債権者が刑事罰に処されることになります。
お金の賃借では基本的に約定利率が適用されますが、仮に当事者間で金利に対する意思表示が行われない場合は法定利率に従う利息を支払うことになります。
法定利率によると、民法(個人間での契約)なら年5%、商法(金融会社との契約)なら年6%です。
いずれにしても貸付において利息は最も重要な部分です。
きちんと契約を交わし、納得した上で借り入れしましょう。

どちらの条件で選ぶ!?「50万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

50万円借りる:融資スピード 50万円借りる:低金利

50万即日融資 50万低金利

ページトップへ戻る