住宅ローン控除とは | スムーズに50万円借りたい時のBest3!

税金を住宅ローン控除で減額する

住宅ローンを組んで住宅を購入した場合には、住宅ローンの残高に応じて減税される制度が導入されています。
これを住宅ローン控除と呼びます。
所得に対しては課税されるのですが、全額に対して課税されるわけではありません。
基礎控除などがあり、一定の金額までは課税されないことになっています。
控除の金額が大きければ納めなければならない税金は小さくなりますから、大きい方が良いと言えるでしょう。
住宅ローン控除が上乗せされればその分だけ控除の金額が大きくなりますから、税制面では有利だと考えられます。
税収が落ちて苦しんでいる国がなぜこのような政策を行っているのかというと、これは経済の活性化のためだと言えるでしょう。
住宅という産業は、不動産業界や建築業界、電機業界など様々な業界に対して良い影響を与えます。
一つの住宅が販売されることによって色々な業界に需要が生まれ、それによって経済が活性化すると考えられるのです。
このようなことから税金を軽減するメリットが大きいと判断され、政策が実行されているという面がります。
もう一つは消費税増税です。
消費税を増税する代わりに他の税金を安くする事が必要とされるようになったのですが、そのためのものとして住宅ローン控除が強化されたという特徴があります。
経済対策の一環として導入されているわけですが、利用する側としては有利ですから利用しない手はないでしょう。
住宅購入には多くの費用がかかりますから、これらを軽減するためにも利用する事を考えておきましょう。

どちらの条件で選ぶ!?「50万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

50万円借りる:融資スピード 50万円借りる:低金利

50万即日融資 50万低金利

ページトップへ戻る