期限の利益の喪失とは | 今すぐ50万円借りたい時のBest3!

期限の利益の喪失で一括返済が余技ない

期限の利益の喪失とは、債権者が債務者に対して返済の一括請求を要求するということです。
「期限の利益」とは、決められた期限がくるまで一括での返済を行わなくてもいいとした債務者に対する利益です。
しかし期限の利益の喪失が行われるということは、債務者の利益が失われて、債権者が債務者に対して返済の請求ができるようになります。
それを分かりやすく説明すると、一番初めに先述したように、「債権者が債務者にたいして債務の一括返済請求を要求できる」ということになるのです。
住宅ローンを例にしてみましょう。
住宅ローンを契約した場合、期限の利益が有効である間は毎月決まった額を返済していくことで、ローン契約している金融会社から債務の一括返済を請求されることはありません。
これは契約書で規定されている内容です。
しかし、毎月の返済を怠ると契約書に記載されているように、期限の利益喪失事由に該当することになります。
すると期限の利益が失われて、債権者は債務者に一括返済を請求できる権利が発生し、それを受けた債務者は一括返済請求を拒否することができなくなってしまうのです。
一括返済の応じれないとなると、不動産は差し押さえられ競売にて売却されてしまうことになるでしょう。
期限の利益喪失は、返済できず滞納をし、尚且つ督促を無視する債務者の対しての最終手段です。
なので、仮に返済が厳しくても債務者が返済する姿勢を見せることで回避することはできる問題です。

どちらの条件で選ぶ!?「50万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

50万円借りる:融資スピード 50万円借りる:低金利

50万即日融資 50万低金利

ページトップへ戻る