アイフルから50万円借りる | 今すぐ50万円借りたい時のBest3!

東証一部上場のアイフル

東証一部上場のアイフル

実質年率4.5%~18.0% 限度額500万円
保証人不要 最短即日融資

詳細・お申し込み

アイフルお申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み (※1)
  • (※1)インターネットでは24時間365日申し込みを受付しています。
  • 店頭窓口による申し込み (※2)
  • 自動契約機による契約申し込みなど (※2)
  • (※2)今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申し込みを行った上で電話連絡をしたり、窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。

どちらの条件で選ぶ!?「50万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

50万円借りる:融資スピード 50万円借りる:低金利

50万即日融資 50万低金利

キャッシング事典:銀行の不良債権が発生する理由とは

不良債権が問題となって銀行が破綻したニュースが過去にはありました。 不良債権とはどういったものかというと、文字通り良くない債権だと言えば良いでしょう。 銀行は貸し付けを行ったときには返済してもらう権利を得ることができますが、これが債権です。 本来は返済してもらう事ができるのですが、貸付を行った企業の業績が悪化したり、あるいは破綻したりした場合には債権があると言っても返済してもらう事ができなくなることもあり得ます。 このように返済される見込みがなくなった債権のことを指すと考えれば良いでしょう。 具体的にはどのようにして判断するのかというと、当初の返済計画よりも3ヶ月遅延したかどうかで判断する事が多いようです。 また、それ以外にも返済猶予を行ったり、あるいは金利の引き下げ交渉などが行われたりした債権を含むことも多いです。 現在は銀行などの金融機関は融資を慎重に行っていますが、過去にはそうではない時代もありました。 特にバブルの時代には不動産の価値が上昇し続けると信じられていて、金融機関は不動産への投資のための資金を競って融資したと言えるでしょう。 このような状態が続いたために不動産価格が上昇し、それによってさらに金融機関が貸し付けるという循環がバブルを引き起こしたとも考えられます。 バブルがはじけたことによって不良債権が大量に発生し、それによって多くの金融機関が経営にダメージを受けました。 破綻した金融機関や国に救済された金融機関もあるのです。

ページトップへ戻る