プロミスから50万円借りる | 今すぐ50万円借りたい時のBest3!

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

プロミスで50万円借りたい

実質年率4.5%~17.8% 限度額1~500万円
保証人不要 最短即日融資も可能
※最短1時間融資

詳細・お申し込み







詳細・お申し込み

Webで即日融資
※最短即日融資:お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

どちらの条件で選ぶ!?「50万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

50万円借りる:融資スピード 50万円借りる:低金利

50万即日融資 50万低金利

キャッシング事典:1日分の利息を示すのが日歩

日歩とは、1日分に対する利息の割合を指します。 借り入れをするときには利率を定めることになるのですが、この利率は期間に応じて決められるのが一般的です。 1月あたりの利率は月利と呼び、1年当たりの利率は年利と呼ぶのですが、1日当たりの利率は「日歩」と呼ばれるのが一般的です。 通常、借り入れをするときには金利を定めることになるのですが、一般的に金利と言った場合には年利を指す事が多いです。 1年間で発生する利息の割合を用いる事が金融業界では一般的ですから、それにならって年利を指す事が多いのですが、一般消費者が借り入れをするときには1年よりも短期間になる事が多く、例えば数日間で返済してしまうと言うことも良くあることです。 キャッシングなどでは特に給料が入ればすぐに返済をすることも多いですから、1日当たりで利息計算をできるほうが良いでしょう。 他にも投資をするときにも短期間の場合には数日で返済することもありますから、やはり1日当たりで利息計算ができるほうが良いのです。 実際には年利で表されていることが多いですから、1日当たりに換算することが必要なのですが、これには複雑な計算は必要ありません。 一般的には日割り計算と呼ばれていて、1年の日数で割ればすぐに計算することができます。 閏年なら366で割り、閏年でなければ365で割ればすぐに計算をすることができます。 借り入れをするときにはこのようにして日歩を計算しておくことも必要です。

ページトップへ戻る